アロアロヨシさんの♪健康ブログ

アロアロヨシさんの、「健康になるためのノウハウ」、全公開!

カテゴリ: よくあるけど、怖い、病気の症状

人生を変えてしまうほどの大病でも、早めに気が付けば、大事に至らなくて済みます

ほとんどの病気は、私たちに信号を送ってきます
最初は、ほんのちょっとした、よくある症状や、違和感から、始まります・・・
*******************************************
「よくあるけど、怖い、病気の症状」-【かかとのひび割れ】第4弾は、根治編です


生まれたての赤ちゃんの足
生まれたての足
みんな、生まれたては、こんなんでしたよね


2014年10月5日に原因の記事を、2015年1月12日に対策の記事を、2015.2.1に処置の記事をアップしたところ、大変な反響を頂きました

前回の記事は、こちらから

2014.10.5 「かかとのひび割れ」原因編
2015.1.12 「かかとのひび割れ」対策編
2015.2.1  「かかとのひび割れ」処置編


前回迄は、マクロビオティックによる対処法と、アロアロヨシさんが実際に体験した、市販のひび割れ対策薬を、詳しく解説しました

今回は、もっと深く掘り下げて、根治に向けての知識の充実と、具体的な処置法の詳細と、その他の便利グッズを上げて、検討を加えることにしました

一部、重複がありますが、全体をご理解いただくため重要なことなので、ご了承ください


ここで、マイボイスコム(株)がネットリサーチで実施した、興味深いアンケート調査を見つけましたので、アップします

順位 内容
1 かかとの荒れ(かさつき、ひび割れなど) 23.4
2 足の疲れ 17.4
3 むくみ 16.1
4 足の冷え 13.8
5 足の爪(巻き爪、形・色が悪いなど) 13.4
6 足がつりやすい 12.8
7 魚の目、たこ 12.4
8 水虫 11.8
9 汗・ムレ 11.4
10 足が太い 11.4
11 足の肌の乾燥、荒れ 10.3
12 外反母趾・内反小趾 8.9
13 毛深い 8.9
14 足の幅が広い 7.8
15 臭いがきつい 6.9
16 ひざの荒れ、黒ずみ 6.2
17 O脚、X脚 5.8
18 偏平足 2.9
19 足がむずむずする 2.5
20 足のサイズが大きすぎる 2.3
21 足のサイズが小さすぎる 2.0
- その他 2.6
- 特にない 32.8
- 無回答 0.3
【調査時期】2015年5月1日~7日
【回答者数】11,607人
【解答方法】複数回答

かかとの荒れ(かさつき、ひび割れ)は、本当にたくさんの人が悩んでいるということが、実際のデータに表れています

最近、健康寿命という言葉をよく耳にします
足の手入れが、健康寿命を延ばす、有力な方法だということも、分かってきました


根治にたどり着く、足のセルフケアは次の9つが重要です

1. 爪をこまめに正しく切る

2. 足をきれいに洗って清潔に保つ

3. 水分をていねいに拭き取る

4. 保湿に気を付ける

5. 角質をケアする

6. 血行を良くする

7. 靴選びに注意する

8. 正しい歩き方を会得する

9. 生活エクササイズを活用する



1つずつ説明していきましょう

1. 爪をこまめに正しく切る
なあんだと思う方もいらっしゃると思いますが、先ずはこれが
セルフケアの重要なとっかかりです

次の、 2. 足をきれいに洗って清潔に保つ、も
3. 水分をていねいに拭き取る、も、爪が正しく切れてないと
できないのです

足の爪は、指の爪と違って、しげしげと見ることがあまりないので、
こまめに切ることが少ないのです

伸びて、垢が溜まったり、変形したりしていませんか

一般家庭には、平型爪切りが通常ですが、ニッパー型爪切りをおすすめします
変形した爪もきれいにカットできて、愛用者が増えています

特におすすめなのが、SUWADA (スワダ) のものです

suwada


高価ですが、たいへん美しく愛着が持て、一生の宝ものとなります
こちらから → 「SUWADA(スワダ)の高級爪切り」ってどうなの?めっちゃ高いようだけど。革のケースも、あるみたい


2. 足をきれいに洗って清潔に保つ
シャワーを浴びても、足の指や指の間をていねいに洗う人は、
意外と少ないのです

石鹸を付けて、1本1本、指の間もていねいに洗いましょう


3. 水分をていねいに拭き取る
きれいに洗ったら、ていねいに水分を拭き取りましょう
体を拭いても、足の指や指の間をていねいに拭く人は、なかなかいません
水分が残っていると、蒸発するときに皮膚表面を冷やし、
皮膚を守る皮脂膜ができにくくなります

4. 保湿に気を付ける
足を洗った後は、皮膚の脂分が減少し、乾燥しやすい状態になっています
体が温かいうちに、保湿クリームを塗りましょう

おもな保湿クリームは、次の6つです

1) 尿素入りクリーム
尿素には、角質を分解する作用がありますので、
硬くなった角質や、ガサガサに乾燥した角質をなめらかにします
ただ、ひび割れたところに使うと、しみることがありますので
注意して下さい

2) ワセリン
ワセリンは刺激が少なく、安全な保湿剤になります

3) ヘパリン類似物質含有クリーム
ヒルドイドが一般的で、皮膚の水分を保つ成分です
アトピー性皮膚炎や乾燥肌、しもやけにも有効です
血行障害による肌荒れに、比較的安全になクリームです


4) ビタミンE入りクリーム
ビタミンEには血行を良くする作用があります
血行障害による肌荒れ、しもやけ、冷えなどに有効です

5) キューティクルオイル
浸透性の高い、爪専用のオイルです
失われた油分を補給する優れものです

6) マクロビオティックの食べられる保湿材
マクロビオティック、自然派志向の方は、食べられるもの
蜂蜜とオリーブオイルで、保湿してはいかがでしょうか
お風呂上りに、蜂蜜をかかとに塗り、その上からオリーブ
オイルを塗り、靴下を履きます
ハチミツは角質を柔らかくし、オリーブオイルは保湿します

スムージークリームも、食べられる成分だけで作ってあり、安心です
こちらから購入できます

アマゾン 2,880円 関東のみ送料無料

順造生活スムージークリーム30g ゆび・ひじ・かかとつるつる・乾燥肌にも!角質ケア(Smoothy Cream)

楽天市場には、お試しサイズがあります

楽天 お試しサイズ980円+送料180円

今だけ着後レビューで送料無料!無香料・無着色・無鉱物油・防腐剤不使用の100%植物性!ハンド... 

 


5. 角質をケアする

硬い角質を取る
保湿クリームを塗っても、なかなか治らないという人は、
角質が厚くなりすぎて、浸透しないので、効果が出にくいのです
角質をある程度、除去するケアをして下さい
お風呂上がりで、かかとが、ふやけている時に、軽石や市販のグッズで、
軽く削ります

あまり強く削ると、角質だけでなく、皮膚まで傷つけてしまうので
気を付けて下さい

電動かかとやすり電動角質リムーバーは、以下のサイトで見られます

電動かかとやすり「かかと美人」を、
>>> 楽天市場で見る
>>> Yahoo!ショッピングで見る

電動角質リムーバーを
>>> 
楽天市場で見る
>>> アマゾンで見る 
>>> Yahoo!ショッピングで見る

角質ケア商品
足型のビニールに角質を柔らかくする薬剤が入っていて
1時間くらい履くだけで、角質を柔らかくするグッズも売っています
自分に合ったものを探してみましょう

即効性がありますので、3~5日くらいで足の裏全体の皮がむけて
つるつるの新しい皮膚にしてくれます

角質を取った後は、保湿クリームを塗って乾燥を防ぎます
ただし、このように急激に角質を剥がす方法は、
アロアロヨシさんのおすすめではありません

何か緊急時とかの、必要最低限の処置としてください

保湿効果のある靴下を履いて寝るのも有効です
ゴムのきついものは、血行を悪くするので避け、
ゆるいものを使用して下さい

無いときは、靴下の足首の部分に切れ目を入れると良いですよ

保湿靴下には、かかとの部分が二重構造になっており、
ビニールが入っているものもあります

早めのお手入れなら、保湿ができる、靴下を履いて寝るのが、

一番簡単で、安全なやり方です

玉川衛材のものが、日本製で安心です。黒とピンクがあります
 はくだけ簡単 かかとケア ショートBK 

レッグオン はくだけ簡単かかとケア ショート ピンク  

足うら美人」も人気ですasi_1_reason2img1


こんなものが、売れてます、フットケアグッズ・ランキング
>>> 楽天市場で見る
>>> アマゾン で見る 
>>> Yahoo!ショッピングで見る


6. 血行を良くする
血行が悪くなると、肌が乾燥しやすくなります
特に、女性は冷え症が多く、血行の悪い人が多いので、
注意が必要です

マクロビオティックに則った食事・生活、また腰湯などで、体を温めましょう

マクロビオティック関連のブログは、
こちらから >>> タグ「マクロビオティック」


7. 靴選びに注意する

合わない靴は、足や体全体に悪影響を及ぼします
靴選びで悩んだ時は、最近増えているシューフィッター ( 脚注1参照 ) が居る店で
選びましょう

8. 正しい歩き方を会得する
かかとから地面に着地して、足の外側を重心移動し、
つま先で地面から離れます
正しい歩き方を会得するのは、たいへん難しいので、最初は
ウォーキングのコーチを受けるのが良いでしょう

9. 生活エクササイズを活用する
日常生活の中には、エクササイズジムに匹敵するような、優れた環境があります
その1番の優れものが、階段です
駅の階段、自宅の階段、歩道橋などなど、見つけたらラッキー!
早速、エクササイズしましょう

他にも、いろいろありますので、積極的に利用しましょう

以上で、
よくあるけど、怖い、病気の症状「かかとのひび割れ」、根治は?
を、終了します

いかがでしたか?
足の根治は、体全体のケアにもなることを、お気づきになったでしょうか

ではまず、始めの一歩、SUWADA (スワダ) の爪切りを手に入れることから

始めてみましょう


脚注:
1. シューフィッター検索は、こちらから → http://fha.gr.jp/search


人生を変えてしまうほどの大病でも、早めに気が付けば、大事に至らなくて済みます

ほとんどの病気は、私たちに信号を送ってきます
最初は、ほんのちょっとした、よくある症状や、違和感から、始まります・・・
*******************************************
「よくあるけど、怖い、病気の症状」第14弾は、【
頭痛、耳鳴り、めまい】です

頭痛


頭痛、耳鳴り、めまいは、誰しもが、どれかを普通に経験する、三大症状と言ってよいでしょう

気にしなくても良い、少し気を付ければ治ってしまうものが、ほとんどですが、中には怖い病気の前ぶれもあります
 


頭痛には次の
4種類があります。

 

1.    片頭痛(へんずつう)

  1. 症状:頭の片側または両側が脈打つようにズキンズキンと痛みます。月に12回とか、週に12回とかの頻度で発作的に起こります。吐き気や嘔吐を伴うことが多いのがその特徴です。
  1. 原因:頭部の血管が拡張することによって起こります。血小板から放出されたセロトニンの分解による拡張と、三叉神経が何らかの刺激を受けて、血管拡張物質を分泌するという2説が主なものです。

 

2.    緊張型頭痛

  1. 症状:鈍い痛みがあります。普通は、我慢できないほどではありません。首や肩のこりを伴うこともありますが、嘔吐を伴うことはありません。
  1. 原因:無理な姿勢を続けたり、長時間のパソコン作業をしたりすることによって、筋肉が緊張し血流が悪くなるのが原因です。

 

3.    群発頭痛

  1. 症状:発作的に年数回から数年に1回くらいの頻度で発症し、12ヶ月ほとんど毎日、ほぼ同じ時間帯に激しい頭痛に襲われます。片側の眼の奥が激しく痛むのが特徴です。
  1. 原因:まだハッキリと解明されておりません。発作期間中、頭痛が治まっているときにアルコールを飲むと必ず頭痛が起こります。

 

4.    その他の頭痛5つの原因とその症状

  1. くも膜下出血:くも膜下腔の出血が原因で、突然の激しい頭痛、吐き気や嘔吐を伴います。外傷による出血、脳動脈瘤の破裂などにより引き起こされます。
  1. 脳出血:外傷などで脳内に出血が起こり、手足のしびれ・意識障害・ろれつが回らなくなるといった症状を伴う。頭痛が段々強くなるのが特徴です。
  1. 脳腫瘍:脳の腫瘍が原因で起こります。頭痛の他に、嘔吐やケイレン・手足の麻痺・言語障害・視力の低下・視野が狭くなるといった症状が多くみられます。
  1. 髄膜炎・脳炎:髄膜炎・脳炎により、38度以上の熱が出て、うなじのあたりが硬くなったり、嘔吐したりします。後頭部に強い痛みを感じることが多く、意識障害やケイレンを起こすこともあります。
  1. 慢性硬膜下血腫:頭部の打撲がきっかけになることもあります。ぼけ症状や麻痺を伴います。


頭痛にともない、頭痛以外の症状、

1. 吐き気や嘔吐
2. 手足ほかのしびれ
3. 意識障害
4. 言語障害・ろれつが回らなくなる
5. 視
力の低下・視野が狭くなる
6. 38度以上の熱
7. ケイレン
8. うなじのあたりが硬くなる
9. ぼけ症状

などがある場合は、怖い病気の前ぶれです
必ず早めに病院へ行って、検査をするのが賢明です

 


耳鳴りの原因の主なものは次の3つです

耳鳴り
 

 

1.    耳の病気や、脳・脳神経、内科の病気の影響で発生

2.    肩・首のコリ、筋・骨格の緊張・ゆがみから発生

3.    心理的ストレスによる発生

 

以上の3つがきっかけとなり、耳鳴りが起こりますが、きっかけが直った後も、引き続き耳鳴りが起こる場合があります
これは気持ち的なものが多く、他のことに没頭し耳を気にしないと、聞こえなくなる事
があります

ほとんどの耳鳴りは、肩・首のコリ、筋・骨格の緊張・ゆがみ、心理的ストレスでおこります
ストレッチ、気分転換のスポーツ、ストレスをためない工夫をすれば、少なくなったり、完全に治ったりします

ただし、耳鳴りが頻繁に起こって、しつこく治らない場合は、
耳の病気や、脳・脳神経、内科の病気などの、怖い病気が隠れている場合がありますので、医者の検診を受けて、早めの治療をすることが必要です

 

 

めまいには、次の3種類があります

【注意!】この画像は、凝視しないでください、めまいになります
めまい
 

 

1.    回転性めまい:ぐるぐる回るめまい

耳の中にある三半規管の、リンパ液が増えるメニエール病、炎症を起こしたりする内耳炎や前庭神経炎などがあります。もう1つまったく異なる原因の、良性発作性頭位めまい症があります。頭の位置を急に変えたり、頭を強く打ったりした時に起こります

 

2.    動揺性めまい:ふらつくめまい

主に脳の脳幹というところや、小脳に重大なトラブルがある時に起こります。貧血、精神的ストレスによる自律神経失調症でも起こります。風邪薬や他の薬の副作用が原因になることもあります

 

3.    眼前暗黒感:クラッとするめまい、立ちくらみ

脳の血流が悪くなるのが原因。血圧低下・不整脈などの循環器系障害、体位の急な変動、出血、薬の副作用その他で起こります
 

めまいの対処法

突然のめまいに襲われたら、正しい対処法をしないと、たいへん危険です

なかでも、脳の異常からくるめまいは、死亡する場合もありますので、手遅れにならないうちに、すぐ救急車を呼んで対応してください

 

脳のチェック

めまいが少し落ち着いたら、脳のチェックをします

 

1.   顔のしびれや麻痺がある

顔を触ってし、どこかにびれがないか、麻痺して動かない部分があるか、確かめる

 

2.   ろれつが回らない

話してみて、ろれつが回らないことがないか、確かめる

 

3.   手足のしびれや麻痺がある

手足がきちんと動くか、触って麻痺がないか、確認する

 

4.   ものが二重に見える

指などを1本立てて、2本に見えないか、確認する

 

5.   立てない歩けない

ゆっくりと立ち上がって、歩けるか、確認する

 

以上の項目が、1つでも当てはまるようなら、重大な病気の前触れ、特に、脳梗塞の可能性がありますので、すぐに救急車を呼んでください

1つも当てはまらない場合は、安静にして、落ち着いてから、耳やその他の原因をチェックしましょう

 

脳の異常がない場合

脳に異常がないと判断したら、安静にして、耳やその他の病気のチェックをします

 

1.   動かないで、安静にする

平衡感覚が乱れている状態なので、転倒しないように座って、じっとしています

車の運転中は、ハザードランプを点滅し、路肩などに停車し、落ち着くまで待ちます

 

2.   横になって休む

ベッドやソファーがある場合は、横になって休みます

 

3.   暗くする

テレビや強い照明を消して、目に刺激が入らないようにする

 

4.   頭を動かさない

平衡感覚がさらに乱れて、治りません

 

5.   静かなところで休む

音による刺激も、耳に入らないようにする

 

6.   嘔吐の準備をする

洗面器や濡れタオル、うがい用の水などを、そばに置きます

 

耳のチェック

次のような症状がある場合は、突発性難聴やメニエール病の可能性がありますので、できるだけ早く耳鼻科へ行って治療してもらいましょう

 

1.   耳鳴りや、耳詰まり

2.   難聴

 

その他、良性発作性頭位めまい症や、てんかんなどの怖い病気も隠れている場合があります

早めに、耳鼻咽喉科、めまいクリニック、めまい外来などを受診しましょう


 

人生を変えてしまうほどの大病でも、早めに気が付けば、大事に至らなくて済みます

ほとんどの病気は、私たちに信号を送ってきます
最初は、ほんのちょっとした、よくある症状や、違和感から、始まります・・・
*******************************************
「よくあるけど、怖い、病気の症状」第15弾は、【体のかゆみ 総合編】です

体のかゆみ


これまで、マクロビオティックと【体のかゆみ 春・夏・秋・冬編】で、詳しく解説してきました

以下の、ブログを参照してください 


2014.10.17生協で、マクロビオティック、始めてみませんか

2015.2.7【体のかゆみ 冬編】

2015.4.28【体のかゆみ 春編】

2015.6.26【体のかゆみ 夏編】

2015.11.20【体のかゆみ 秋編】


以上のことに気を付けていても、体のかゆみが起きる場合、ほかの皮膚の病気が考えられます

発疹、かゆみを伴うイボ・ホクロ、ジンマシンなどがある場合は、病院の診断を受けましょう
 

「怖い病気の前触れ」かもしれません

以下、体のかゆみが前触れの怖い病気たちをリストアップしてみました 

  

1. 皮膚がん [1]
かゆみのあるホクロは、皮膚がんの可能性があります。

正常なホクロは左右対称ですが、形がいびつなホクロや、直径6mm以上のものは、要注意です。早急に、医師の診断を受けて下さい。


2. ジンマシン
 [2] 

イラクサ-蕁麻(ジンマ)のとげに触れると、起こったので、命名されました 

ジンマシンは、アレルゲンが体内に入ってきて起こります

アレルギー食品、スギ花粉、ダニ、アニサキス [8]、薬剤などが主なものです

ピロリ菌が腸内に住み着いていたり、腸内フローラの悪玉菌が増えていることによっても起こります 

乳酸菌が多く含まれる発酵食品や、善玉菌のエサになる食物繊維を積極的に摂取しましょう

乳酸菌を多く含んだヨーグルトを、常用することで改善され、ピロリ菌も除去できます



発疹が無くてもかゆい場合は「怖い病気からの信号」かもしれません
内臓病変による、皮膚の諸症状を、デルマドロームと言います
胃がん、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、胆管ガンなどが、あげられます

3. 胃がん [3]
手の甲の、かゆみのあるイボは、胃がんのサインかもしれません
短期間で急増した場合は要注意です
 

 

4. 糖尿病 [4]

手足のかゆみが特徴で、発疹は出ません

高血糖になると糖分を排出するために、尿の量が増え、脱水症状で、身体が乾燥し、かゆくなります

血液の流れも悪くなります

多飲、多食、多尿、体重減少、だるさなどが、主な症状です

 

 

5. 慢性腎不全 [5]

布団に入って暖まった時など、皮膚に湿疹などが無いのに、全身がかゆくなります

足のむくみ、高血圧を伴います

血液をろ過する、腎臓の機能が、徐々に低下する病気で、老廃物がたまって、かゆくなるのです

皮膚の乾燥、吐き気、嘔吐、集中力低下、けいれんなどが、主な症状です

 

6. 肝硬変 [6]

発疹は無く、自覚症状もあまりない、厄介な病気です

肝臓が病気になると、解毒機能が低下し、全身にかゆみが出ることがあります

黄疸、皮膚の黄色腫(おうしょくしゅ)などが、主な症状です
定期的な、健康診断、人間ドックなどで、 気をつけましょう

7. 胆管ガン [7]

全身のかゆみがあります

肝臓からの胆汁の出口、総胆管にガンができると、黄疸が出ます
皮膚や白目が黄色くなり、尿が茶色になり、便が白くなります

みぞおちから右上腹部の鈍痛、食欲不振、体重減少、発熱などの症状を伴うことがあります


結論

いつもとちがうと感じるかゆみがある場合は、早めに、受診することが大切です

特に、皮膚に発疹が無いのに、かゆい場合は、すぐに医者にかかって下さい


以上、アロアロヨシさんの♪よくあるけど怖い病気の症状【体のかゆみ 総合編】でした


脚注:
[1] 皮膚がん   → メラノーマ(ほくろのがん)
[2] ジンマシン → 蕁麻疹
[3] 胃がん     → 胃がんの初期症状 
[4] 糖尿病     → 糖尿病症状セルフチェック.com/糖尿病によるかゆみ
[5] 慢性腎不全 → 慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
[6] 肝硬変     → カラダノート「肝硬変」
[7] 胆管がん   → がん情報サービス - 胆管がん
[8] アニサキス → アニサキス - Wikipedia




人生を変えてしまうほどの大病でも、早めに気が付けば、大事に至らなくて済みます

ほとんどの病気は、私たちに信号を送ってきます
最初は、ほんのちょっとした、よくある症状や、違和感から、始まります・・・
*******************************************
「よくあるけど、怖い、病気の症状」第14弾は、【体のかゆみ 秋編】です


日本の四季は、それぞれの肌対策が必要で、季節が変わると、体がかゆくなるのは、肌が季節を感じているということなのです

特に秋は、夏の暑さ・紫外線・汗などで、傷んだ肌が、気温の低下による乾燥で、かゆくなることが多くなってきます

秋の体のかゆみ、肌の乾燥、花粉、自律神経の乱れ、が、三大原因です


秋は、旅行の季節、ハイキングや登山、温泉も楽しいですね
秋_森林


冬や春、夏の体のかゆみと違う原因なので、秋には、別の対策が必要です

秋の体のかゆみ「七つの原因」

  1. 秋は、夏に比べ、空気が乾燥します
    空気が乾燥すると、肌がかさかさとなり、バリア機能が低下、敏感肌になり、刺激に弱くなって、かゆくなります

    スキンケアなどの、潤い対策が重要です

    普段は肌トラブルが無いという人でも、夏から秋にかけては、知らず知らずのうちに、トラブルを起こしやすいのです

  2. 熱すぎるシャワーやお風呂
    寒くなってくると、どうしても、お風呂やシャワーの温度を上げたりします
    熱いお風呂やシャワーは、肌の潤い成分を、必要以上に流してしまうので、NGです

  3. エアコンの暖房、湿度の低下に注意
    寒いからといって、暖房だけ入れて、部屋を暖かくするのはNGです
    暖房は、室内を乾燥させますので、加湿器と併用しましょう
     
  4. 自律神経の失調
    秋は、昼と夜の温度差の大きい日が、よくあります
    あまり温度差が大きい日が続くと、体が変調をきたし、自律神経の失調につながります

    日中はあまりかゆみを感じないが、夕方から夜にかけてかゆくなるのは、この症状です、温度差から体を守る工夫をしましょう

  5. 紫外線(UV)
    秋は何といっても、過ごしやすい季節なので、野外での活動が多くなります
    秋の紫外線は、夏ほど強くありませんが、外出で長時間、浴び続けると、影響が出てきます

    弱い紫外線でも、体質によりヒスタミンの過剰分泌から、日光過敏症や日光性ジンマシンを引き起こすこともあります
    夏が終わったからといって、紫外線は、まったく気にしないというのは、間違いです

    2015. 6.26
    【体のかゆみ 夏編】を参照して、対策をしてください

  6. 虫さされ、植物によるかぶれ
    ハチ・ブヨ・アブ・毛虫などの虫にも、要注意の季節です
    ギンナンなどの植物に触れて、かぶれることもあります

    秋、イチョウの木になるギンナンは、かぶれます
    銀杏
    採る時は、直接、手で触らないこと

  7. 花粉
    スギ花粉はありませんが、ブタクサや、ヨモギ、カナムグラなどの、草の花粉が、飛散しますので、アレルギーのある人は、注意してください


秋のかゆみ対策


かゆいからといって、患部をかくのは良くありません

皮膚のバリアー機能が低下し、細菌、刺激物質やアレルギー物質が皮膚内に侵入し、さらに、かゆみの原因になります


以下の対策をするか、すぐに効果がない時は、かゆみ止めを使用して、かかないようにすると、治りが早くなります

1.   ケアの基本は、ほかの季節と同じです
夏が終わって、今まで使用していた、化粧品などのケア製品を、変える人がいますが、慎重に検討してください


それまでのスキンケアに慣れた肌が、新しい成分に過剰に反応し、トラブルを、さらに悪化させる原因になることがあります

 

帰宅したら早めにぬるめのお湯で、花粉・ほこり・汗などを洗い流し、拭き取りはゴシゴシこすらずに、が基本です

 

石鹸でしっかりと泡を立ててから、泡で洗うことを心掛けて下さい。決して、洗剤を直接塗ってから泡立てることは止めて下さい

2.   内側からの肌ケア
健康法の基本を守って、快適生活を心がけましょう

 

飲み過ぎ食べ過ぎをしないバランスの取れた食事が肝心です
 

3.    秋の夜長、夜ふかしで、ついつい寝不足をしてしまう季節です

 十分な睡眠と休養を取りましょう

 

夜更し・不摂生をしないようにすることは、肌の状態を良好に保つ基本です

 

4.    秋用スキンケアも、汗を残さないのが大切です
ブタクサの花粉などが、汗にまじって、肌を攻撃します

汗をかいたら、濡れたタオルや濡れティッシュで、こまめに、ていねいに、ふき取ることが肝心です 

シャワーが使えるような状況なら、すぐに洗い流してください

5.   食養の創始者、石塚左玄 [1]の、四季の食養
 

「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」石塚左玄 [1]
(はるにがみ、なつはすのもの、あきからみ、ふゆはあぶらとがてんしてくえ)

秋は辛味」(あきはからみ)
と、覚えてください

玄米・食養の創始者・石塚左玄は、「秋は辛い物を食べろ」と、言っています

夏の間に消耗した、体力を補うために、食欲を増進してくれる、辛い物が良いのです

例えば、ピリッと辛い大根おろしで、秋刀魚はいかがでしょう
 

6. 秋の旬の野菜を取りましょう
 
秋の旬の野菜と言ったら、何といってもキノコでしょうね
キノコ


マクロビオティックでは、身土不二(しんどふじ)と言って、その土地で取れる旬のものを食するのが体に良いとされています

例えば、キノコなどの、秋の野菜には、夏に蓄積した毒素の、デトックス効果があります



秋の体を作る、食材たちは、こちらです

秋の体を作る、秋が旬の野菜たち(あいうえお順)
青唐辛子、明日葉、秋茄子、インゲン豆、えのき(天然)、エリンギ(天然)オクラ、かぶ(秋物は甘い)、かぼちゃ(貯蔵)、カリフラワー、ギンナン、くわい、ごぼう、さつまいも(貯蔵)、里芋、山椒(粉)、しいたけ、紫蘇(大葉)、しめじ(天然)、ジャガイモ、春菊、ズッキーニ、大根(品種による)、チンゲン菜、つるむらさき、冬瓜、長芋、長ネギ、なめこ(天然)、ニンジン、野沢菜、白菜、葉トウガラシ、ブロッコリー、ほうれん草、舞茸(天然)、マッシュルーム(天然)、松茸、むかご、山芋、ユリ根、ルッコラ、レタス、蓮根


秋の体を作る、秋が旬の果物たち(あいうえお順)
いちじく、柿、カボス、かりん、キウイ(国産)、栗、シークワーサー(熟したもの)、すだち、梨、ブドウ・マスカット、みかん、柚子(熟したもの)、りんご

秋の体を作る、秋が旬の魚介たち(あいうえお順)
アカカマス、あわび、イクラ、伊勢エビ、車エビ、いなだ・はまち、いぼだい・えぼだい、いわし、うなぎ(天然もの)、かつお、かんぱち、きんき、毛ガニ、こはだ、昆布、さけ、さば、さわら(関東)、さんま、ししゃも、しらす、太刀魚、タラコ、海苔、ハタハタ、はも、平目、ふぐ、ぼら

秋の体を作る、秋が旬のその他の食材たち(あいうえお順)
小豆、胡麻、コンニャク、蕎麦、


秋の旬の食材を、確実に手に入れるには

普通のスーパーでは、いつでも何でも売っています、何が旬やら分りませんよね

こんな時は、
生協や、大地を守る会、九州野菜王国などの、有機農法や自然食品の取扱店で、取り寄せましょう

旬でないものは、扱っていませんので、安心です

関東の生協のホームページへは、↓ こちらからどうぞ

>>> 生協の宅配。関東圏内473万世帯が利用!のホームページを見る 

>>> 生協パルシステムのホームページを見る

全国の生協
のホームページへは、↓ こちらからどうぞ

>>> 安心食材お届け「生活クラブ連合会」のホームページを見る 

>>> co-op 「日本生活協同組合連合会」のホームページを見る

「大地を守る会」のホームページへは ↓ こちらからどうぞ

>>> 「大地を守る会」のホームページを見る


「九州野菜王国」のホームページへは ↓ こちらからどうぞ(2016年1月7日より)

>>> 「九州野菜王国」ホームページを見る
 


脚注:

[1]  石塚左玄(いしづかさげん) 1851年~1090年、明治時代の軍医・薬剤師、玄米・食養の元祖で、マクロビオティックの創始者・桜沢如一(さくらざわゆきかず)へと続く


下記の記事も参照して下さい

2014.10.17
生協で、マクロビオティック、始めてみませんか

2015. 2. 7
【体のかゆみ 冬編】

2015. 4.28
【体のかゆみ 春編】

2015. 6.26
【体のかゆみ 夏編】

2015.12.05
【体のかゆみ 総合編】


人生を変えてしまうほどの大病でも、早めに気が付けば、大事に至らなくて済みます

ほとんどの病気は、私たちに信号を送ってきます
最初は、ほんのちょっとした、よくある症状や、違和感から、始まります・・・
*******************************************
「よくあるけど、怖い、病気の症状」第13弾は、【気象病】です


アロアロヨシさんの知り合いの中に、喘息の人がいて、天候が悪くなると、喉がゼーゼーして、しんどそうです

体調の変化で、天気予報ができるのです

それって、すごい能力だなと思っていたのですが、本人にとっては、ほんとうに、つらいつらい、ことなのです

雨の日、曇りの日、台風が近づいている時、こんな症状がありませんか、チェックしてみましょう

 古傷がうずく
 関節が痛い
 腰痛がひどくなる
 肩こり
 めまい
 頭痛がする
 吐き気がする
 イライラしてしまう
 だるい
 やる気が出ない

また、次のような持病をお持ちの方も、症状がひどくなったり、発作が起きたりします

☑ 喘息
☑ 神経痛
☑ リウマチ
☑ 心臓発作
☑ 脳出血
☑ じんましん
☑ メニエール病
☑ うつ病

これらの原因は、気象の変化にあったのです

低気圧
こんな天気、いやですよね

気象の変化とは、何でしょう?

1. 気圧の変化

低気圧の場合、体にかかる圧力が弱まり、血流やリンパの流れが低下し、体調不良になりやすくなります

体にかかる圧力が弱まると、体が膨張し、体内の血液や水分の循環が悪くなり、関節痛、腰痛、肩こり、めまい、頭痛、吐き気、イライラ、だるさ等を感じるようになります

その結果、まったく、やる気が出ない状態になります

また、低気圧の時には、酸素濃度が少々低くなり、自律神経が乱れる原因になります

2. 温度の変化

めまぐるしい温度の変化は、エアコンに慣れた体には、きつく、体調を崩してしまいます

3. 湿度の変化

雨の日など、湿度が高い場合、皮膚からの発散量が低下し、体内の水分が過剰になってしまいます

4. 急激な天候の変化

季節の変わり目などの、急激な天候の変化に、体がついていけず、体調不良になります


このように、急激に環境が変化することによって、体の順応性が追い付かず、ストレスがかかってしまいます

このストレスが、自律神経に悪影響を及ぼし、体調不良になってしまうのです、これが気象病です

人間にはもともと、自然の変化に順応する能力が、備わっているものなのですが、冷暖房や人工的な快適空間により、その本能が劣化してしまうのです

気象病に、なりやすい人となりにくい人の特徴

なりやすい人:
1. 仕事三昧の人
2. 1日中室内の快適環境にいる人
3. 季節を感じることがない、自然のリズムに反した生活をしている人
4. 昼と夜、交感神経と副交感神経のリズムに、逆らう人

なりにくい人:
1. 仕事と余暇のバランスを取っている人
2. 1日の生活のリズムを整えている人
3. 規則正しい生活をしている人
4. 季節を感じながら、生活をしている人

それでは、どうしたら、気象病を防ぐことが、できるのでしょう

気象病を防ぐための7つの習慣

1. 食事

まず何と言っても、食事は大切です
季節の食材を使った、マクロビオティック [1] で、しっかりとした食事を摂りましょう

2. 睡眠

起床・就寝は、規則正しく、交感神経と副交感神経のサイクルを、守りましょう

3. 運動

少しだけ負荷のかかった運動は、体内のミトコンドリアを増やし、活性化します

4. 休息

仕事のし過ぎは、免疫力を低下させます、十分な休息を取り、生活にメリハリを付けることが大切です

5. 外出

室内のコンディションの効いた環境ばかりでは、順応性が低下します
外出して、環境からの刺激を受けましょう

6. 入浴

シャワーで汚れを取るだけでは、不十分です
風呂の水圧で、体に圧力をかけたり、戻したりすると、血液循環もよくなります

7. 感動

感動のある人生を送りましょう
仕事でも趣味でも、映画・観劇・音楽・旅行など、子育て・恋愛など、世の中には感動がゴロゴロしています

あなたの、心がけ次第です

天候不順の時に、何となく調子が悪くなる、という程度の状態の時、東洋医学で言う未病の時に、早めに、7つの習慣を守って、天候に左右されない体にしましょう

気象病は、あなたに信号を送っています

重大な病気を発症する前に 、対策することが肝心です



脚注:
[1] マクロビオティック - 「よくわかる、マクロビオティック」

このページのトップヘ